こんにちは! シラレルブログ編集部です。

当ブログでは、BtoB商材を認知拡大させるために、最適なターゲティングを選択することが可能な弊社商品「シラレル」の具体的な手法についてご紹介しております。これまで「企業情報ターゲティング」「名刺情報ターゲティング」についてご紹介いたしましたが、今回は「メディア閲覧情報ターゲティング」をピックアップし、ターゲットとするビジネスパーソンに効率良くアプローチする方法についてお伝えしたいと思います。

▼以前のブログ記事はこちら
名刺情報データを活用したBtoB広告配信
企業情報データを活用したBtoB広告配信

▼この記事はこんな方におすすめです

  • BtoB商材を取り扱う企業のマーケティング担当者・web広告担当者
  • BtoB商材を案件として担当している代理店の方
  • BtoB事業の集客方法の情報を幅広く収集されている方
  • シラレルのより具体的な配信手法について興味をお持ちの方

目次

1.BtoBマーケティングにおけるターゲットユーザー
2.メディア閲覧情報データを使ったターゲティングの仕組み
3.シラレルを活用したターゲティング広告


1. BtoBマーケティングにおけるターゲットユーザー

これまでのブログでも、BtoBマーケティングにおけるターゲット設定は個人のみならず、“企業や部門単位でも考える必要性がある”という事についてお伝えしてきました。

BtoCマーケティングの場合で考えると、ターゲットである意思決定者が本人であるケースが多いため、その人の性別や年齢、職業、年収、家族構成、趣味嗜好、ライフスタイルなど具体的にイメージを固めるペルソナ設定という考え方が主流です。

一方でBtoBの場合は、商品の購買プロセスに複数の部門や異なる役職の人々が関わり、また金額が大きくなればなるほど稟議の承認フローが長くなり、意思決定に関わる人数も増えていきますので、個人を想定したターゲット設定だけでは十分とは言えません。
ただ、とはいえBtoBマーケティングにおいても個人のターゲット設定は必要ですし非常に重要です。というのも、商品・サービスの導入を検討、購入判断をするのは企業の担当者や意思決定者、つまり個人だからです。 したがって、BtoBのターゲットは「サービスを実際に利用する部門や担当者などの直接的なターゲットユーザー」と「意思決定に関わる関連部門や役職者などの間接的なターゲットユーザー」の2つの観点で設定する方法が有効だと考えられます。

BtoB商材の購買プロセスで考えると、「担当者による情報収集」→「決裁者が承認する」という流れが基本ステップとなり、「現場担当者に対していかにアプローチできるか」がBtoBマーケティングにおいて優先的に検討すべき課題だと考えられがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。企業は常に様々な課題を抱えており、役員層や上層部はそういった課題に常に向き合って解決策を模索しています。そのような方は常にアンテナを張り情報収集を行っていますので、現場担当者よりも先に決裁者がBtoB商材の存在を知り、興味を持ち、担当者に情報収集の指示を出す、というケースもしばしば発生するのです。
その中でも今回は、「サービスを実際に利用する部門や担当者などの直接的なターゲットユーザー」と「意思決定に関わる関連部門や役職者などの間接的なターゲットユーザー」の双方の「行動シーン」について少し整理しておきます。

ことBtoB商材の広告配信を行う場合は、ターゲットユーザーがビジネスオンタイムの時にアプローチした方が効果は出やすい傾向にあります。なぜなら、例えアプローチすべきターゲットユーザーであったとしても、プライベート時間を楽しんでいるタイミングでは興味関心が仕事以外の事に向いていて見向きされづらいためです。商材やサービスによってその特徴は異なりますが、一例を以下に記載します。

●ターゲットユーザーの行動シーン

具体的には、通勤時間から営業時間内である「平日7時〜21時」の時間帯に広告配信を絞ったり、特定のメディアを閲覧している対象者に広告配信をするといった方法です。


2. メディア閲覧情報データを使ったターゲティングの仕組み

メディア閲覧情報ターゲティングとは、webサイトの閲覧履歴をもとに、特定の領域に興味関心がありそうなユーザーに絞って広告配信を行うターゲティング手法です。

例えば、会計ソフトの訴求に「財務・会計関連メディアの記事」を閲覧したユーザーのみに絞って配信をする、といったことが可能です。
BtoB商材の購買目的は「課題解決」ですが、部門や役職によって課題は異なります。そのため、ターゲットユーザーが日頃接しているメディアやコンテンツの情報を元にそのユーザーの課題を想定し、課題に合わせた訴求をすることが重要になります。
シラレルでは様々なジャンルのビジネス系専門メディアと連携しており、1000万以上のユーザー興味情報を保有しているため。ニッチな領域も含め、ユーザーの抱える様々な課題を捉えることが可能となっております。
下記は、商品やサービスを認知してから購入に至るまでのプロセスを表す図です。

認知から興味、興味から比較・検討…とプロセスが進むごとに見込み顧客が絞られて先細りになっていくため、より多くのリードを獲得するためには第一段階となる認知が重要となります。

例えばこの認知の時点で担当者だけではなく、関連部門や役職者も含めた意思決定者にも自社製品・サービスの存在が知られている状態になっていた方が、購買までの意思決定スピードは早まるでしょう。つまり、担当者、意思決定者双方に適切なターゲティングで訴求することが重要なのです。

メディア情報ターゲティングは、部署や役職問わず特定のテーマに興味を持つユーザーへのアプローチが可能な手法となっています。具体的には下記のような領域/ジャンルのメディア閲覧情報データの活用が可能です。

・製造業専門メディア
・飲食業専門メディア
・農業専門メディア
・物流業専門メディア
・IT製品専門メディア
・SaaS関連専門メディア
・経営者層やマネジメント層向け専門メディア
・人事、HR領域専門メディア
・総務、経理、労務専門メディア
・財務、会計専門メディア
   ・
   ・
   ・

またシラレルでは、これまでのブログでご紹介した、企業情報データベースや名刺情報データベースと閲覧情報を利用したターゲティングパッケージもあります。

次章ではその配信実績の一部をご紹介いたします。

3.シラレルを活用したターゲティング広告

これまでご紹介しました、メディア閲覧情報ターゲティングのシラレル配信実績を一部ですが下記にてご紹介いたします。

このように様々なBtoB商材・訴求におけるターゲティングニーズに対して、幅広く柔軟に対応できるよう、シラレルでは豊富なメニューを用意しております。上記以外にも多くの事例・実績がございますので、直接ご連絡頂ければ別途詳細なご案内も可能です。BtoB商材におけるターゲットユーザー設定と具体的なアプローチ方法に悩まれる方も多いと思いますので、一つの手段としてシラレルを検討してみてはいかがでしょうか?

最後に、「シラレル」にご興味をお持ちの方は、ぜひ一度こちらからお気軽にお問い合わせください!